End of the world

新大学生の日常&勉強&競馬日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
精神と人間の狭間 第1話

「お前の言ってるコトって、全部本気で言ってるように聞こえるぞ。」


「マジで!?ギャグで言ってるつもりなんだが。」


「ああ、声のトーンが一定で単調。なおかつ無表情で、さらにお前の目線がそうさせてるように感じる。」


「目線?」


「あぁ、相手を見つめて逸らさないその目線。今俺を見てるようにな。普通人間は真実でないコトを言う時、どうあがいても動揺する。そうすると、どうしても視線が安定しないはずだが、お前の視線からはそれは感じ取れない。」


「そんなものか。でも、俺が思うに言語を発する際に感情がこもってるかどうかってコトだと思うぞ?感情を押し殺して言語を発しさえすればその言語はリアルに感じられると思うが。」


「それは決して簡単じゃない。ってか、俺には到底できねぇな。俺の知ってる人間の中ではおそらくお前だけだ。」


「俺としては、全ての人間はそれを当然の如くやってるもんだと思ったが。」


「それは、お前自身が持っている技能にお前が気付いてないことによる錯覚だ。お前は並の人間とは違ってポーカーフェイスという技能を持ってるはずだ。」


・・・続く。


人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ガストゲームズサポー
ターズリンク「アルトネリコ・イリスのアトリエ~グランファンタズム~」公式サイトは
こちらへ